Rapid-Serviceの日記...

気が付けばブログ開設から6ヵ月...

windowsタブレットをクリーンインストールする

ストレージが圧迫してきたので、NECTW708/CASクリーンインストールしました。(この記事で書くのは大まかな流れのみ)

〈この記事の通りにやって失敗しても、筆者はいかなる責任も負いません〉

準備編

最低限必要なもの・8GB以上のUSBメモリ
・マウス(USB接続タイプの)
・USBハブ

 ・8GB以上のUSBメモリ

 OSのインストールメディアを作成します。

 こちらのサイトよりツールをダウンロードし、32bit版のインストールメディアを作成してください。

Windows 10 のダウンロード

・マウス

 USBで接続するタイプのマウスです。Bluetoothタイプは使用できません。

・USBハブ

 USBメモリとマウスをタブレットに接続します。

・あると便利なもの

 キーボード:マウスで画面キーボードを使う必要がなくなる

 

その他の準備

 今回はDouble Driverというフリーソフトを使って、予めドライバのバックアップを取っておき、クリーンインストール後に復元することにしました。

 また、クリーンインストール中に電池が切れないように念のためフル充電しておきましょう。

 

作業編

まず、タブレットUSBメモリとマウスを接続しましょう

電源ボタンを押し、NECロゴが表示されたら、音量上ボタンを即座に押します

f:id:JohnTitor:20171013224740p:plain

BIOSが表示されたら"Save & Exit"タブをタップ

"Windows Boot Manager"の下にある"UEFI: ~~~"を選択します

※"UEFI: ~~~"が無い場合は何らかの問題がある

f:id:JohnTitor:20171013135242j:plain

セットアップ画面が表示されます

f:id:JohnTitor:20171013135401j:plain

ライセンス条項に同意

f:id:JohnTitor:20171013135433j:plain

インストール場所を聞かれます

"ドライブパーティションWindows"を選択→〈削除〉を選択→〈次へ〉

f:id:JohnTitor:20171013135450j:plain

すると”ドライブ3の割り当てられていない領域”に変わります

それを選択し、次へ進みましょう

f:id:JohnTitor:20171013135501j:plain

インストールが始まります

f:id:JohnTitor:20171013141746j:plain

この画面になるまで25分ぐらいでした

f:id:JohnTitor:20171013141958j:plain

左下のところからスクリーンキーボードを表示させることができます

f:id:JohnTitor:20171013142316j:plain

この辺出てくる"こんにちは"とかのMSの決まり文句

f:id:JohnTitor:20171013142905j:plain

初期設定を済ませるとドライバのインストールになります。

一番心配であったドライバ問題はDouble Driverを使うと、問題なく楽にインストールができました。

f:id:JohnTitor:20171013231438p:plain

(´-`).。oO(タイルの配置のセンス...)

設定等終え、ようやく以前と同様の状態にまで復元

Bluetoothでキーボードのペアリングに苦戦したのは、何だったのだろうか...

Officeとかも入れましたが、なんと空き容量は40GB程にまで復活できました。めでたしめでたし

以上