鉄博とか伏見稲荷に行ってきた〈前編〉

 

先日、京都鉄道博物館伏見稲荷に行ってきました。

今回は宇治・伏見1dayチケットを使い、できるだけ交通費を抑えたかったので、以下の経路で博物館まで行きました。

淀屋橋京阪本線・特急丹波橋京阪本線・準急伏見稲荷〈 徒歩 〉稲荷JR奈良線・普通京都
 (上の経路、スマホだと見づらいかな...)

 

 

f:id:JohnTitor:20171211124545j:plain

稲荷駅はホームに鳥居がある駅

f:id:JohnTitor:20171211124155j:plain

今でも現役なウグイス色の103系

f:id:JohnTitor:20171211125554j:plain

低運転台の103系は安心感がありますねぇ(京都駅で撮影)

しかし、ウグイス色103系も廃車が始まっています。この記事を書いている12月13日はNS619編成が廃車回送されたようです。103系の置き換えは201,205系だそうで...

京都駅から京都鉄道博物館へはバスがあるそうなのですが、待つ時間ももったいないので歩きました。公式HPに書いてあった通り20分ぐらいで着きます

f:id:JohnTitor:20171211130217j:plain

京都タワー

f:id:JohnTitor:20171211131724j:plain

DD51

f:id:JohnTitor:20171211131641j:plain

京都鉄道博物館では、大阪環状線を走った橙103系も展示されていました。引退した列車や、普段は間近では見ることのできない機関車もじっくりと見ることができます。客層は子供連れの家族からお年寄りの夫婦といった幅広い層の客が来場ていました。今回ここを訪れるのは初めてだったのですが、平日ということもあってか混雑しておらず快適に楽しむことができました。

f:id:JohnTitor:20171211142310j:plain

この後、京都駅ではなく丹波口駅へ行き、 (博物館から丹波口のほうが歩く時間が短いから)以下の経路で伏見稲荷へ行きました

丹波口JR嵯峨野線・普通京都JR奈良線・普通稲荷

f:id:JohnTitor:20171211153514j:plain

抹茶115系

 

つづき